スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

究極の香りが誘う未曾有の衝撃に、世界はひれ伏す

パフューム -ある人殺しの物語-

監督: トム・ティクヴァ
出演: ベン・ウィショー/レイチェル・ハード=ウッド/アラン・リックマン/ダスティン・ホフマン


パフューム
18世紀のパリ、悪臭のたちこめる魚市場で産み落とされたジャン=バティスト・グルヌイユ(ベン・ウィショー)。驚異的な嗅覚を持つがゆえに、奇怪な青年として周囲に疎まれている彼は、ある晩、芳しい香りの少女に夢中になり、誤って殺してしまう。その後、彼は少女の香りを求めて調香師になり、香水作りに没頭するが……


忘れっぽい私ですが、この映画はよくも悪くも記憶に残る映画で忘れないでしょう。
主演のベン・ウィショーが猟奇的殺人者を淡々と不気味に見事に演じています。
映像も綺麗で素晴らしいのですが、処刑場の集団のシーンは「なんなの??」
凡人の私には理解できませんでした(笑)

  ★★

Leave a comment

Private :

Comments

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07 09
プロフィール

michiru

Author:michiru
関西在住
映画好きな のほほん主婦

*記事の内容に関係のない
 コメント等は、お断りなく削除
 させて頂きます。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
友達申請フォーム

この人と友達になる

月別アーカイブ
素材屋さん
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。