スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この曲を本気で聴いた者は、悪人になれない

善き人のためのソナタ

監督: フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク
出演: ウルリッヒ・ミューエ / セバスチャン・コッホ / マルティナ・ゲデック /ウルリッヒ・トゥクール

善き人のためのソナタ1984年、東西冷戦下の東ベルリン。国家保安省(シュタージ)局員のヴィースラーは、劇作家のドライマンと舞台女優である恋人のクリスタが反体制的であるという証拠をつかむよう命じられる。成功すれば出世が待っていた。しかし予期していなかったのは、彼らの世界に近づくことで監視する側である自分自身が変えられてしまうということだった。国家を信じ忠実に仕えてきたヴィースラーだったが・・・・。

どなたかのブログで、昨年観た映画の中で1番良かったと書いてられてたので、
すごく興味のあった映画です。いい映画でした。
淡々と進んでいくストーリー、暗い映像。ゆえに重さが感じられ、とても惹きつけられます。
ほんの20数年前にこんなことが行われてたなんて・・・。
主役のウルリッヒ・ミューエはじめ、キャスティングが素晴らしいです。
観れて良かったと思う作品でした。                   
                                             
  ★★★★


Leave a comment

Private :

Comments

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05 07
プロフィール

michiru

Author:michiru
関西在住
映画好きな のほほん主婦

*記事の内容に関係のない
 コメント等は、お断りなく削除
 させて頂きます。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
友達申請フォーム

この人と友達になる

月別アーカイブ
素材屋さん
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。