スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1冊の本に秘められた母の恋                               -最果ての地 ブルターニュに散った、つかのまの恋の花火- 

灯台守の恋

監督: フィリップ・リオレ
出演: サンドリーヌ・ボネール/ フィリップ・トレトン/グレゴリ・デランジェール


灯台守の恋 1963年、“世界の果て”と呼ばれるブルターニュ海岸の辺境
ウエッサン。ある男が島にやってきて、カミーユの父イヴォンが
率いる灯台守たちの一団に加わる。
男の名はアントワーヌ、アルジェリア戦争帰還兵で、左手を負傷していた。村人は昔イギリスから渡ってきたケルト人の子孫
として結束が固い。彼は村人の強烈な敵意に対峙するが、
その敵対心を理解し、彼らの拒絶を受け入れ、尊重すらして
ゆっくりと耐えていた。静かな微笑をたたえて。
そんなとき、イヴォンはアントワーヌと一緒に働き始める。
大きな波が灯台に当たっては砕け、天候はあまりにもすさまじく、いっときも心休まるときがない過酷な状況のなか、塔の中でずっと明かりを灯し続ける二人の灯台守。イヴォンは、アントワーヌの人柄を知り、友人として彼を村に迎え入れるが、その後一人の女性がアントワーヌと恋におちてしまう。だが、それはイヴォンの妻マベだった・・・・・


閉鎖的な島にやってきた都会的なアントワーヌと島で生まれ育った魅力的な人妻マベ
二人の会話はほとんどなく,絡み合う視線が二人の感情を表している。
そしてマベの夫イヴォンとの間に芽生える男の友情。
悪いこととは分っているけど、マベとアントワーヌの道ならぬ恋をいつもなら応援したく
なるのですが、マベの夫イヴォンが無骨だけど誠実で男らしくて素敵なだけに、
マベとアントワーヌの関係を知って苦悩するイヴォンの姿に胸が痛くなりました。

映画はイヴォンの娘カミーユが今は亡き両親の家を売却するために、
故郷に戻ってきてそこで一冊の本を受け取って、読み始めるところから始まります。
そして映画の最後に本を読み終えたカミーユに言った伯母の一言で私は涙しました。
きっとマベはイヴォンの大きな愛に包まれて、幸せな生涯を終えたのでしょう・・。

画像のマベのワンピース姿が可愛くてセクシー♪

  ★★★

Leave a comment

Private :

Comments

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05 07
プロフィール

michiru

Author:michiru
関西在住
映画好きな のほほん主婦

*記事の内容に関係のない
 コメント等は、お断りなく削除
 させて頂きます。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
友達申請フォーム

この人と友達になる

月別アーカイブ
素材屋さん
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。